アスノックスタッフインタビュー ASNOK STAFF INTERVIEW 営業部 岡本 浩祐 自分がつくったものがお店に置いてある。それを見た時にやりがいを感じます。

スタッフメッセージ

  • 企画部
  • 営業部
  • 製造部

Q1:ASNOKの営業職を志望した理由は?

「自分でモノを作ってそれを売れたら楽しいなぁ、面白いな」と思って探していたら、「こんな会社があるんだ!」と知りまして。それで応募して、今働かせていただいています。もともとアイデアを形にすることにやりがいを感じるタイプだったこともあり、ウェブサイトを見て興味を持ちました。

Q2:今までの仕事で大変だったことは?

初めは慣れなくて大変でしたね。専門的な用語などが多くて、当初は訳がわからなかったです(笑) 平面でしかモノを見ないので、立体になった時の想像をしても全く解らないんです。先輩たちは解っているので、かなり苦労しましたね。

Q3:この仕事の魅力とは?

社内から社外まで、いろんなところでいろんな人と関わってひとつのものを作ることは、とても魅力的だなと思いますね。厳しい上下関係があるわけでもないので、責任感は持ちながらも楽しく働けるんだと思います。モノを作れるのも楽しいですが、人と関われるのが一番楽しいですね。

Q4:どんな時にやりがいを感じますか?

テレビCMに出演しているタレントのPOPなどを手がけることもあり、それがお店に置いてあると、友人にちょっとだけ自慢できたりします(笑) コンビニや家電量販店に行ったら、自分の作ったものが置いてあったりするんです。それを見た時はちょっと嬉しくなりますね!

Q5:今後の目標を教えてください!

まずは一人でしっかりと仕事をまわせるようになりたいと思います。いつかは先輩のように新しいお客さんを開拓できるような存在になりたいですね。


Q6:未来の後輩にメッセージを!

難しいこともありますが、楽しいこともいっぱいあるのが、この仕事の魅力だと思います。「カタチに仕上がる」という感動は他には代えがたいものですし、「モノを作りつつ、営業をする仕事」というのは他にあまりないと思います。自分が考えたものを実際に作り、製品になって店頭に置かれる。そこに最大のやりがいがあると思いますね。ぜひいっしょに頑張りましょう!

  • 企画部
  • 営業部
  • 製造部

PAGE TOP