アスノックのたまご力学 『生み出す』『育てる』『殻を破る』アスノックのロゴマークは、『たまご』がデザインモチーフ。それは、いろんなアイデアを生み出し、お客さまとのブランドを育て、業界の殻を破るような様々な挑戦をしていきたいと思うから。そんなわたしたちにできるコトをご紹介します。

売り場にアテンションを『生み出す』アスノックは、POP(Point of purchase)の形状企画製作などを中心に、売り場のディスプレイやパッケージ企画立案を展開。さまざまなアイデアを駆使して、モノを売るシチュエーションづくりのお手伝いをします。POP&パッケージに命を吹き込み、“より雄弁なるセールスマン”にすることが、わたしたちの使命です。

『生み出す』

お客さまのブランドを『育てる』POP&パッケージは『商品の顔』だけでなく『企業の顔』として、企業のマーケティング戦略やブランディングにおいて、とても重要なツールとなってきています。そのために、お客さまとのパートナーシップを大切にし、長期的スパンでの企画立案や日頃からカウンセリングなども実施。POPやパッケージなどのツール企画製作を通して、お客さまのブランディングのお手伝いをします。

『育てる』

POP・パッケージ業界の『殻を破る』アスノックは新社屋を竣工・稼動し、営業部門、製造部門、企画室、組み立て部門、総務部の全機能を一か所に集約。社内のコミュニケーションが円滑になることで、従来のPOP・パッケージ業者にはできなかったスピーディかつハイクオリティな製作納品が可能です。近辺には多くの協力会社を抱え、サポート体制も万全。短納期・大量生産にも対応可能です。

『殻を破る』

ASNOK

  • AScent(向上心を持って実現する『良品力』)
  • NOvelty(目新しい表現を追求する『先端力』)
  • Knowledge(知識に裏付けられた『即答力』)

わたしたちは、POPを商品の『オマケ』だとは思っていません。POP自体は商品ではないので、消費者にとって必要ないものかもしれませんが、商品を説明したり、魅力づけるための立派な『製品』だと考えています。だから、製造や組み立てラインのスタッフの育成や技術向上にも全力注入。徹底した品質へのこだわりで、良品だけを世に送り出したい。そんな想いで、常に向上心をもってモノづくりに携わっています。

『何か面白いPOPはない?』『売り場で新しいことがしたい』。そんなニーズにお応えするために、アスノックは企画室を設置。お客さまが描いたPOPやパッケージを、試作としてすぐにカタチにできます。また、東京オフィスを拠点として、世界トップクラスのマーケットである東京の最新POP情報やパッケージ技術などを日々リサーチ。全国体制で、新しいアイデアを具現化します。

お客さまのクエスチョンに、その場で的確に答えられること。それが、ビジネスを円滑に進めるための重要なメソッドだとアスノックは考えます。それが実現できるのも、営業スタッフ陣にPOPやディスプレイに関する豊富な知識があるから。現場でのクイックレスポンスが求められる営業スタッフは、研修などで常に最新の知識をインプット。限られた納期を1分たりとも無駄にしない。それが、アスノック流の営業スタイルです。

アスノックは強みを、社名に込めました。

PAGE TOP